パンツァネッラ

パンツァネッラという食べ物がある。トスカーナ料理の一種だが、簡単に言うと貧乏人の食べ物である。いや、貧乏くさい気分を味わう食べ物といったほうが適切か。初めて見たとき、本当に驚いた記憶がある。

かれこれ20年近く前だろうか。フィレンツェに住み始めたころである。同居人にフィオレンティー二姉弟がいて、その姉の方をチンツイアといい、その子持ち別居中の彼女が、わたしの目の前で古くなり乾燥して石のように固くなったパンを水に漬けだした。ぶよぶよにふやけたパンの水を手で絞りつつ、ぐちゃぐちゃにほぐしだしたところから、この料理が始まる。料理というよりは一種のサラダだ。

トスカーナのパンはまずい。少なくとも私はおいしいと感じたことがない。ぱさぱさで塩が入っていないなんとも味気のないパンは、トスカーナ料理のこってり脂っこい重たい料理に合うようになっているのだと聞いたことがある。 ツインツィアは本当に生粋のフィオレンティーナだと思うが、彼女は基本的に何も捨てない。どんなごみでも取っておく印象さえあった。口癖は「Non butta niente」(何も捨てない=なんでも利用価値がある)であった。私は前に一度、手違いで既に部分的にかけていた古い皿を割ってしまったことがあった。見るからに安っぽい皿は7~8ピースぐらいにバラバラ破片になったので、ごみ箱に捨てたのだが、翌日それが修復されて机の上に載っているのを見て面食らったものだ。当然食べられないほど固くなったパンは、食べられるようにして食べるものなのだ。

手でびちゃびちゃにほぐしたパンは水分を極限まで絞られ、パラパラとサラダに混ぜられる。この水を含んだパンの触感が重要なのである。サラダは普通の長トマトに赤玉ねぎ、にんじんのすったのと数種のサラダ菜、ルーコラなどあるものを入れ、そのパンかすが入ることによってパンツァネッラとなるのだった。オリーブ油とバルサミコ酢と塩を入れてべっとりするまで混ぜ続ける。私は生活に窮するとこれを食べて懐かしむくせがある。サラダなのにパンが入っているせいで夕食はこれだけでおなか一杯になる。実は見た目とは関係なく、結構美味しいのだ。 Milano 2007

© 2017-2021 Nagayoshi Kei All Rights Reserved



12 visualizzazioni

Post recenti

Mostra tutti

トリエステノート

イタリアで俗に言うアメリカ式キッチン(カウンターと高めの椅子があるからそう呼ばれる)に座ってアンナ・マリアの切れ目の無い話をぼんやり聞いていると、突然ヴオーという広音で私たちの内臓まで届く深い汽笛が鳴り響き、見えない戸棚の中に並ぶガラスコップが振動でチリチリと音をたてた。 「船が出る合図よ」 この街のどこにいても聞こえたであろうその汽笛は、ここから50mも歩けば見えてくる港に停泊中の巨大な豪華クル

イタリアの冗談は笑えない

イタリアの冗談に笑えない。 イタリア語が堪能でなかった頃は、単に言語的な問題かと思われた。母国語以外の言語を、勉強や移住などで苦学習得した者にしか分からないと思うが、レベルが高くなっていく時点で 政治的議論や医学に関する内容などよりもさらに理解するのが難しいのは、冗談や詩といった ただ言語に精通してるだけでは解読不可能な分野である。「冗談を訳すのは困難極まりない」と著名翻訳家がぼやいているのを聞い

ジャン・ジュネについて

私は 彼のことをすっかり忘れていた。 15歳で少年院から脱走し、乞食、泥棒、男娼をしながらヨーロッパ各地を放浪し、刑務所を転々としていた彼は、そのほとんどの作品を刑務所内で書いている。彼の語りを反芻するたびに、その細部を観察する視線や信じがたい比喩の使い方、その大胆で繊細な物言いは、私をいちいち感動させずにはいられない。彼の存在は、本当に天使が天から蹴落とされて悪魔になったかのような極端な2面性を