ただ純粋であれ


私が血迷って何にでも手を出したと人は思うだろうか?

今思えばすべて自然に行われていった。毎回自分の信ずるところに向かって歩いた。

詩を書くから詩人なのではなく

詩人が書くのが詩なのであった

この説から借りるとすれば、

私がやることが私なのであった。

(つまりそれがアートだろうが写真だろうがデザインだろうが文学だろうが、カテゴリーはもう関係ないのだ。私がやることがいちいちどこの分野に入るのかなど。そしてそのお蔭で私はどこからもさして認められなかった)

デザインを通り現代美術の方へ歩んだことも、その背景にいつも写真という裏道があり、美術的写真から真実を抉り出す写真の本質に迫ったのも。そしてそのまま美術という創造とは全く逆に位置するところに写真の本質を見たのも。(それはぐるっと回って世界の裏側に突き抜けたようなものだった)そしてそれが真理かどうかなんてどうでもよいことなのだ。

私が誰にも命じられず自分でその道を選んだことがすべてである。

願わくば今やり残しているのは、私が「創った」ものでどこまで私自身の可能性をさらに広げられるか ということだろうか。

ただ純粋であれ

夜よ 月よ 風よ 君らがそう在るように

芸術家が探求するのはカテゴリーではなく 世界でただ一人しかいない己自身なのだから 2016 Milano


© 2017-2022 Nagayoshi Kei All Rights Reserved

5 visualizzazioni

Post recenti

Mostra tutti

眼が痛い。今日見た「IL SALE DELLA TERRA」というドキュメンタリ ーは写真家セバスチャン・サルガドのプロジェクト「Genesi」を含む写真家として の半生とその仕事の深さを見せつけてくれたが、その一枚一枚の写真に込められた彼の、 人間としての問いかけが私の心に刺さりいちいち涙を誘ったからだ。フォトレポルタージ ュに携わる者として私には彼がどんな思いでシャッターを押したのか普通の人よ

フォトレポルタージュについて 今日 日本では「フォトレポルタージュ」についてどのくらいの人が認識しているのだろ うか。どちらかというとドキュメンタリーフォトとか報道写真などいう言葉で言い表され ているかもしれないが、実際にその定義は深くヨーロッパ人ならたいてい誰でも知ってい る。なぜならこちらヨーロッパで普通に新聞、雑誌に日々掲載される様々な「ストーリー」 (レポルタージュ界でそれぞれのテーマをこ

もし寺山修司が書いていたように「芸術の歴史の大半が、道徳との戦いだった」のだと仮定すれ ば、今から私がやろうとしていることは今まで写真でやってきた倫理と道徳 人道的なものから 全く正反対の、いや、もしくはかけ離れたものになるのではないかと思われます。 あの作品たちは古くから私の中に巣くっていた「謎」私から生まれた、私でさえ知らないナンセ ンスで不可思議なものたちなのですから。 わたしはこれらを使