2016 9月

Aggiornato il: gen 21


私が血迷って何にでも手を出したと人は思うだろうか?

今思えばすべて自然に行われていった。毎回自分の信ずるところに向かって歩いた。

詩を書くから詩人なのではなく

詩人が書くのが詩なのであった

この説から借りるとすれば、

私がやることが私なのであった。

(つまりそれがアートだろうが写真だろうがデザインだろうが文学だろうが、カテゴリーはもう関係ないのだ。私がやることがいちいちどこの分野に入るのかなど)

デザインを通り現代美術の方へ歩んだことも、その背景にいつも写真という裏道があり、美術的写真から写真の本質に迫ったのも。そしてそのまま美術という創造とは全く逆に位置するところに写真の本質を見たのも。(それはぐるっと回って世界の裏側に突き抜けたようなものだった)そしてそれが真理かどうかなんてどうでもよいことなのだ。

私が誰にも命じられず自分でその道を選んだことがすべてである。

願わくば今やり残しているのは、私が「創った」ものでどこまで私自身の可能性をさらに広げられるか ということだろうか。

ただ純粋であれ

夜よ 月よ 風よ 君らがそう在るように

探求するのはカテゴリーではなく、世界でただ一人、己自身なのだから

0 visualizzazioni0 commenti

Post recenti

Mostra tutti

パンツァネッラ

パンツァネッラという食べ物がある。トスカーナ料理の一種だが、簡単に言うと貧乏人の食べ物である。いや、貧乏くさい気分を味わう食べ物といったほうが適切か。初めて見たとき、本当に驚いた記憶がある。 かれこれ20年近く前だろうか。フィレンツェに住み始めたころである。同居人にフィオレンティー二姉弟がいて、その姉の方をチンツイアといい、その子持ち別居中の彼女が、わたしの目の前で、古くなり乾燥して石のように固く

1920年代のアパート

わたしはミラノ北西、俗に言うピアッツァフィレンツェ/チエルトーザ方面にあるアパートにもう10年以上住んでいる。 1920年代にムッソリーニがまだ駆け出しの善良政治家であった頃「カーサデルポポロ」という、お金のない労働階級に向けてこの辺り一帯に住居を建てたらしい。というのは初めてアパートを見たとき不動産屋から聞かされた話だが、10年近く信じていたこの逸話はいつも怒っているカラブリア人の門番に覆された

 Copyright © 2007-2020  Nagayoshi Kei. All rights reserved.    Milan Italy  P.I. 10607890968  

  • Instagram