今日は4日金曜日。今週は最近やっている仕事、倉庫からの呼び出しはなかった。5日には家賃として600€振り込まなければならないが、銀行には604€しか残っていない。追い討ちをかけるように50€のガス代請求書が来た。電気代のそれと併せると計3通の請求書トータル180€ほどの滞納になる。冷蔵庫の中は大事に1本づつ食べていたサルシッチャの最後の一本以外は調味料だけになった。いっそのこと冷蔵庫の電気を消してしまおうか。冷蔵庫横のソファーベッドで寝ているので時々電子モーター音がうるさくて寝付けなかったので、丁度良いだろうか。しかし私は思い直して最も常温近くに設定した。冷たい水くらいは飲みたいからだ。

いま手元に現金が15€ある。全財産ともいえる。今日明日主食にするものを購入しなければならないが、そろそろトイレットペーパーがなくなる。この間のように新聞紙にするか。(用を足す時、紙を使わず丸い石を使う話を読んだことがあるが、アフガニスタンだったか?)牛乳は昨日なくなった。ということはコーヒーが飲めない。朝食用ビスケットもない。つまりいつもとっているカフェラッテとクッキーの朝食が取れないことを意味した。オイルも終わった。これでイタリア料理もベースがない。砂糖もない。これで日本料理もきびしい。まぁどちらにせよ材料も無いが。こちらの強い石灰質の硬水を中和するために使っていた重曹もなくなった。あれが無いと身体を洗う時に肌がボロボロになる。昨日まで小さなポルト酒用のグラスに氷で薄めながら飲んでいた赤ワインももうない。今夜ワインが無いのはきつい。この時点で趣向品のタバコやお菓子は論外である。このような状況で何を最も優先して買うべきだろうか。まだパスタやお米は蓄えがある。飢え死ぬことはあるまい。日本の昔を物語る文献では1日2食、握り飯に漬物が常用食だった時代があったわけで、DNAが覚えているかもしれない。

偶然かもしれないが、捨てようとしていたラレプッブリカ(イタリアの新聞)をめくってみて、ある記事が目に留まった。それは内戦下のシリアHomusで、薬屋を営んでいた60歳ほどの女性が、「墓地」に生えている野草を食べながら、戦禍を700日間生き延びた話であった。戦争の為、食べるものが手に入らないのだ。彼女は体重が20キロも減り、幻覚が見えるまでになっていた。レポルタージュをやっていて身についたことの一つは、様々な世界の状況をリアルな目前の出来事のように感じ取ってしまう感受性である。私には彼女が墓の横に生えている草をしゃがんで積んでいる光景が見えてしまう。

Dignità*とは何だろうか。戦争は、確実にそれに巻き込まれていく人々の、人間としての尊厳をすり減らしていく。私にはまだある。しかし墓場草を積んでいく彼女からは零れ落ちていったものだ。

こちら側の誰が見ても今の私の状況は決して思わしくは無いものだが、あちら側に比べればなんでもないのだ。こうしている間にも近くで爆弾が落ちる恐怖や、突然武器を持った男たちが家に乱入してきて、身包みを剥がされ、辱めを受ける恐怖、愛する人たちがある日突然、跡形もなく消えてしまったり、死んでしまう恐怖、病院も警察も、国の機関そのものが全く機能しない無秩序な状況下で、電気もガスも、食べるものさえろくにない世界を生き延びている人々に比べれば、今の私の現状は、全く大したことないのだ。 © 2017-2021 Nagayoshi Kei All Rights Reserved

1 visualizzazione

Post recenti

Mostra tutti

トリエステノート

イタリアで俗に言うアメリカ式キッチン(カウンターと高めの椅子があるからそう呼ばれる)に座ってアンナ・マリアの切れ目の無い話をぼんやり聞いていると、突然ヴオーという広音で私たちの内臓まで届く深い汽笛が鳴り響き、見えない戸棚の中に並ぶガラスコップが振動でチリチリと音をたてた。 「船が出る合図よ」 この街のどこにいても聞こえたであろうその汽笛は、ここから50mも歩けば見えてくる港に停泊中の巨大な豪華クル

イタリアの冗談は笑えない

イタリアの冗談に笑えない。 イタリア語が堪能でなかった頃は、単に言語的な問題かと思われた。母国語以外の言語を、勉強や移住などで苦学習得した者にしか分からないと思うが、レベルが高くなっていく時点で 政治的議論や医学に関する内容などよりもさらに理解するのが難しいのは、冗談や詩といった ただ言語に精通してるだけでは解読不可能な分野である。「冗談を訳すのは困難極まりない」と著名翻訳家がぼやいているのを聞い

ジャン・ジュネについて

私は 彼のことをすっかり忘れていた。 15歳で少年院から脱走し、乞食、泥棒、男娼をしながらヨーロッパ各地を放浪し、刑務所を転々としていた彼は、そのほとんどの作品を刑務所内で書いている。彼の語りを反芻するたびに、その細部を観察する視線や信じがたい比喩の使い方、その大胆で繊細な物言いは、私をいちいち感動させずにはいられない。彼の存在は、本当に天使が天から蹴落とされて悪魔になったかのような極端な2面性を